家電がより便利に使える!オプションパーツの選び方

本体とつなげて機能を拡張できる製品

電気製品の中には、オプションパーツと呼ばれるような製品が存在し、それらと組み合わせることで機能を拡張したり、あるいはより便利に使えるようになるものがあります。たとえば、パソコンはその代表例といっていいでしょう。ノートパソコンを購入すれば、本体だけで一通りの機能は使えますが、チューナーを買ってきて差し込めばテレビを見られたり、あるいはプリンターとつなげて、パソコンで制作した文書を印刷するといったことができるようになります。

すべての製品でオプションパーツを使えるわけではない

では、オプションパーツを購入する場合はどんなことに気をつければいいのでしょうか。まず、実際に取りつけられるものを確認しておくということが挙げられます。電気製品の中には、同じメーカーからほとんど同じデザインで売られているにもかかわらず、販売時期によって機能に差があり、古い方にはオプションを取りつけられないものの、新しい方には取りつけられるという風に差別化されているものも珍しくありません。なので、マニュアルを読んでつけられるかどうかを調べるようにしましょう。

純正品の互換製品を購入する場合の注意点

また、純正品か互換品かという問題もあります。互換品とは、純正品のパーツとほぼ同じ機能を持っているもので、純正品と同様に取りつけて使うことが可能になっています。ただ、本体を販売しているメーカーは、互換品が自社製品に取りつけられるということを保証していないので、もし取りつけて動作しなかった場合、あるいは本体の故障につながってしまった場合はなんのサポートもしてくれません。互換品は純正品よりも安いというメリットがありますが、購入する場合は保証を受けられないことを覚悟した上で買うようにしましょう。

電子基盤に使用する配線めっきされた穴に部品リードを差し込みはんだ付けする肯定をプリント基板実装といいます