時代は変わる!青色申告はもう面倒ではない三つの理由

情報が広まっているから簡単

確定申告をするときに青色申告をする方がメリットが大きくて税額を減らせるのはよく知られるようになりました。しかし、書類の準備が大変だというのが問題になって白色申告をする人も多いのが事実です。もう面倒ではないと言える理由の一つが情報の流通であり、書籍もインターネット情報も幅広く手に入るようになりました。個人事業主として起業する人が増えたことを受けて成功例や失敗例も交えて多数の情報が得られることから、勉強するのが簡単になっているのです。

専用ソフトを活用すれば知識も不要

情報技術を活用して業務を効率化するというトレンドが生まれたことにより、会計ソフトも流通するようになりました。その結果として青色申告についてほとんど知識がなくても、必要事項だけ指示通りに記入すれば帳簿ができてしまうソフトを利用できます。専用ソフトを利用すれば誰でも簡単に青色申告を行うことができ、必要に応じて受けられる控除なども計算してもらえるため何も考えずとも申告準備ができてしまうようになっているのが現状です。

税理士も積極的に活躍中

より詳細に青色申告を活用していきたいと考えたときにも、専門家の力を借りやすくなりました。税理士事務所の数も多く、住宅街やオフィス街などに簡単に見つけられるようになっています。積極的に確定申告の書類作成を行おうとしている事務所が増えているため、パッケージ料金なども出てきて会計もわかりやすくなりました。個人事業主として事業を始めたばかりの人であっても経費が明確になって比較もしやすく、活用しやすい状況ができています。

青色申告とは税務署に届出を出した上で確定申告を行う事です。記帳義務が課される代わりに税制面でメリットがあります。